Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内MDM市場予測、2016年までの年平均成長率は51.5% - IDC予測

IDC Japanは、国内におけるMDM市場の成長予測を発表した。2016年までの年間平均成長率は51.5%になる見込みだという。

コンシューマー向けを含まないモバイルデバイス管理およびモバイルセキュリティシステムの市場を、「MDMサービス」「MDMソフトウェア」「MDMアウトソーシング」「MDMプロフェッショナルサービス」を4分野に分割し、それぞれの市場規模の見通しを調査したもの。

同社が4月に国内企業1056社を対象にスマートフォンの利用動向を調べたところ、従業員に端末を貸与している企業の割合はスマートフォンが20.7%、タブレット端末が10.8%だった。そのうち40%以上がデバイス管理を実施しておらず、2011年における同市場の規模を26億1700万円と試算した。

IDCでは、2012年以降、モバイルデバイスのさらなる普及とともにMDM市場も拡大すると予測しているが、当初は簡易サービスが主流となり、高度な機能を持つMDM製品やサービスの利用率が高くなるのは2013年以降になると分析。

同社ではこれらの動向を踏まえ、2016年までの年間平均成長率を51.5%、2016年の国内市場規模は208億8500万円に成長すると予測している。

(Security NEXT - 2012/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
2016年のDLP市場は56億円 - プラス成長確保も伸び悩み
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
プライベートのSNSアカウント、業務利用で「対策やルールがない」6割弱 - 遵守されていないケースも
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
セキュリティリスクに関する最大の懸念は「従業員の不注意と知識不足」