Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アドウェアとクラッキングツールの検出目立つ2012年上半期 - トレンドレポート

トレンドマイクロは、同社が2012年上半期に検出したマルウェアや、感染被害の報告状況について取りまとめた。アドウェアやクラッキングツール、ハッキングツールがランキングの大半を占めており、2011年同時期から大きく変動した。

2012年上半期の国内不正プログラム検出数ランキングの1位は、Internet Explorerのプラグインとして動作し、アクセスしたサイトを追跡して広告を表示するアドウェア「ADW_GAMEPLAYLABS」で、8万11台から検出された。2位の「ADW_INSTALLCORE(4万3199台)」と大きな差をつけている。

ランキングの傾向を見ると、アドウェアが4種と目立っているほか、正規のプログラムを不正利用するクラッキングツールとハッキングツールが4種ランクインしている。2011年の同時期と比較すると、上位10種のうち8種が入れ替わった。一方で「WORM_DOWNAD.AD」は依然として3位に入っている。

一方ワールドワイドの検出数ランキングでは、「WORM_DOWNAD.AD」が61万8617台で、前年同期と変わらず最多となった。2位以下にはクラッキングツールやハッキングツール、アドウェア、ファイル感染型ウイルスなどが入っている。

国内の感染報告数ランキングでは、トロイの木馬「TROJ_SIREFEF」が213件で1位だった。同プラグラムは一度駆除しても繰り返し発見されることが多く、その場合はほかの不正プログラムによって感染させられている可能性もあるという。

同社がまとめた2012年上半期の国内不正プログラム検出状況は以下のとおり。

1位:ADW_GAMEPLAYLABS
2位:ADW_INSTALLCORE
3位:WORM_DOWNAD.AD
4位:CRCK_KEYGEN
5位:ADW_OPTMEDIA
6位:CRCK_PATCHER
7位:HKTL_RESREM
8位:HKTL_PASSVIEW
9位:TSPY_FAREIT.Z
10位:ADW_OPENCANDY

(Security NEXT - 2012/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強