Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメ「K」の公式サイトが改ざん、閲覧で偽ソフト感染のおそれ

オリジナルテレビアニメ「K」の公式サイトが何者かによって改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。

同サイトを運営するキングレコードによれば、7月1日18時ごろから2日11時ごろにかけて、サイトが改ざんされた状態となり、期間中に閲覧した場合、偽セキュリティ対策ソフト「Security Shield」へ感染する可能性があったという。

さらに7月2日22時ごろに、ウェブサイトの改ざんが再発。同社はサイトを一時停止して、原因などを調べている。

偽ウイルス対策ソフトに感染した場合、アラートを表示し、製品の購入を迫る。同社は、ウイルスの駆除方法をアナウンスするとともに、誤ってクレジットカード番号の情報などを送信しないよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
「サイボウズ Garoon」にディレクトリトラバーサルの脆弱性 - パッチをリリース
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
セキュリティ製品によるJPCERT/CCサイトの誤検知が復旧
一部セキュリティ製品がJPCERT/CCサイトをブロック - 異常見られず、アクセスに問題なし
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を