Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメ「K」の公式サイトが改ざん、閲覧で偽ソフト感染のおそれ

オリジナルテレビアニメ「K」の公式サイトが何者かによって改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。

同サイトを運営するキングレコードによれば、7月1日18時ごろから2日11時ごろにかけて、サイトが改ざんされた状態となり、期間中に閲覧した場合、偽セキュリティ対策ソフト「Security Shield」へ感染する可能性があったという。

さらに7月2日22時ごろに、ウェブサイトの改ざんが再発。同社はサイトを一時停止して、原因などを調べている。

偽ウイルス対策ソフトに感染した場合、アラートを表示し、製品の購入を迫る。同社は、ウイルスの駆除方法をアナウンスするとともに、誤ってクレジットカード番号の情報などを送信しないよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃が「Slack」や「GitHub」を悪用 - コード入手やコマンド実行の通知手段に
データベース不要のオープンソースCMSに複数のXSS脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
札幌市のアーティスト支援施設でサイト改ざん - 外部に不正誘導
Javaフレームワーク「Nablarch」に深刻な脆弱性 - 早急に対応を
コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取