Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報2103件含む書類を保存箱ごと紛失 - 東京ガス子会社

東京ガスの子会社である東京ガスリースにおいて、ガス機器のリースサービス利用者2103人の顧客情報が記載された書類が、保存箱ごと所在不明になっていることがわかった。

所在不明となっているのは、2010年10月から12月の間にガス機器のリースサービスの契約をした1987世帯分の契約書。書類は3枚セットになっており、2103人分の氏名、住所、電話番号、振替口座番号、リース料金などが記載されていた。

6月8日、書類が収納された保存箱を社内の書庫から外部の保管倉庫へ運搬しようとした際に紛失していることが判明した。書庫の入室記録や防犯カメラの記録からは、不審な出入りや保存箱の持ち出しなどは確認されていないという。

同社は、同じ書庫内に保管されていた不要書類とともに誤って廃棄した可能性があると説明。対象となる顧客に対し、文書による説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2012/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市
紙袋に入れた受託イベント参加者の個人情報を紛失 - FVC
訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市