Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、マルウェアによる異常通信を検知する「DAEDALUS」を商用サービス展開

情報通信研究機構(NICT)は、ネットワーク内のマルウェア感染を検知し、担当者へ警告するシステム「DAEDALUS(Direct Alert Environment for Darknet And Livenet Unified Security)」について、外部へ技術移転を行い、商用サービス「SiteVisor」として展開すると発表した。

同技術は、同機構が研究開発を進めているインシデント分析システム「nicter」の大規模ダークネット観測網を活用したアラートシステム。

観測対象とする組織のIPアドレスを事前に登録しておくことにより、マルウェアの活動などによって組織内から外部へ異常な通信が発信された際、日本各地に分散配置したダークネット観測網で捕捉。また組織内に観測用センサーを設置することで、組織内ネットワークのマルウェア感染や設定ミスなどを検知できる。

異常検知時には、あらかじめ設定されたメールアドレスに検知内容を通知するほか、ウェブサイトからアラートの内容を確認することができる。

同機構では、センサーを設置できる教育機関に無償で提供するほか、クルウィットとディアイティに技術移転し、両社を通じて商用アラートサービス「SiteVisor」を展開する。

(Security NEXT - 2012/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
人的なインシデント調査を機械学習で高速化 - ダークトレース
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
IoCによる標的型攻撃対策に限界 - Kasperskyが事例挙げて指摘
ラックと九工大、AIによるサイバー攻撃防御を共同研究
警視庁とソースネクストがサイバー犯罪対応で協定