Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、マルウェアによる異常通信を検知する「DAEDALUS」を商用サービス展開

情報通信研究機構(NICT)は、ネットワーク内のマルウェア感染を検知し、担当者へ警告するシステム「DAEDALUS(Direct Alert Environment for Darknet And Livenet Unified Security)」について、外部へ技術移転を行い、商用サービス「SiteVisor」として展開すると発表した。

同技術は、同機構が研究開発を進めているインシデント分析システム「nicter」の大規模ダークネット観測網を活用したアラートシステム。

観測対象とする組織のIPアドレスを事前に登録しておくことにより、マルウェアの活動などによって組織内から外部へ異常な通信が発信された際、日本各地に分散配置したダークネット観測網で捕捉。また組織内に観測用センサーを設置することで、組織内ネットワークのマルウェア感染や設定ミスなどを検知できる。

異常検知時には、あらかじめ設定されたメールアドレスに検知内容を通知するほか、ウェブサイトからアラートの内容を確認することができる。

同機構では、センサーを設置できる教育機関に無償で提供するほか、クルウィットとディアイティに技術移転し、両社を通じて商用アラートサービス「SiteVisor」を展開する。

(Security NEXT - 2012/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit