Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルマルウェアが前四半期比12倍、8000件超に - 8割以上がAndroid狙い

モバイルマルウェアが急増している。マカフィーでは、2012年第1四半期までにデータベースへ登録されたマルウェアの件数が、前四半期の12倍以上に膨れあがった。8割以上が「Android」を狙うマルウェアだった。

同社のデータベースに登録されているモバイルマルウェアは8000件を突破。前四半期の600件から約12倍へと驚異的に拡大している。約7000件がAndroid端末を標的にしており、「Symbian」が次に続くが、大きな差が開いた。

今回の検出数の増加は検知能力の向上も後押ししたという。Androidを狙ったマルウェアは、特に中国とロシアの非公式サイトから配信されたものが多いと同社では指摘。正規マーケットから配信された事例もあるが、件数自体は多くないとしている。

同四半期には、待ち受け画面に宣伝を表示する「Nyearleaker.A」や、偽のゲームから広告サイトに誘導する「Steek.A」など新種のアドウェアが発生。バックドア「Android/DrdLive.A」をダウンロードするトロイの木馬「Android/Rootsmart.A」にくわえ、「Android/FoncyDropper.A」など、ルートエクスプロイトを利用する巧妙な攻撃が行われた。

さらにデータの破壊を目的としたマルウェアも、同四半期にはじめて確認された。「Moghava.A」に感染するとSDカードに保存されている写真を検索し、別の画像を上書きし続けるなど、攻撃そのものが多様化している。

(Security NEXT - 2012/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
JSSEC、「Andorid 7.0」に対応したセキュアコーディングガイド