Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Blue Coat、危険なサイトへのアクセスをブロックするAndroid用ブラウザを無償提供

米Blue Coat Systemsは、危険なウェブサイトへのアクセスをブロックするAndroid端末用ウェブブラウザを提供開始した。

今回提供を開始した「K9 Web Protection Browser for Android(英語版)」は、マルウェア感染サイトやフィッシング詐欺サイトといった危険なウェブサイトや、未成年に適さないウェブサイトなどへのアクセスをブロックできるウェブブラウザ。

同社では、すでにiOS端末向けに同様のアプリを提供しており、今回対応プラットフォームを追加。コンシューマー向けに無償で提供する。

アクセスのブロックには、リアルタイムに分析を行う同社のクラウド型セキュリティサービス「WebPulse」を活用している。

(Security NEXT - 2012/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS