Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沖縄県立埋蔵文化財センターのサイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ

沖縄県立埋蔵文化財センターのウェブサイトが改ざんされ、閲覧によりウイルスへ感染する可能性があったことがわかった。

同センターによれば、5月10日から12日にかけて同サイト内の全ページが改ざんされたという。現在、詳細について調査を進めているが、期間中にサイトを閲覧した場合、不正なページに誘導され、ウイルスに感染している可能性があるという。

同センターでは、心当たりがある利用者に対し、セキュリティ対策ソフトなどを用いて、ウイルス感染の有無をチェックするよう注意を喚起している。

(Security NEXT - 2012/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害
年末年始にかけてサイト改ざん、閲覧者に影響なし - 南紀白浜観光局
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
環境省の洋上風力発電実証事業関連サイトが改ざん - 偽通販サイト設置、外部不正サイトへの誘導も
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
サイトに不正アクセス、電子カルテなどへの影響なし - 徳島県鳴門病院
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社