Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Dr.Web CureIt 7.0」のベータ版が公開 - 「BIOSキット」の検査にも対応

Doctor Web Pacificは、無料で利用できるコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「Dr.Web CureIt! 7.0」のベータ版を公開した。

同製品は、マルウェアの駆除や端末の修復が行えるWindows向け無料ソフトウェア。他社のセキュリティ対策製品を導入している場合も利用することができる。

最新版では、上位製品である「Dr.Web anti-virus」「Dr.Web Security Space 7.0」に搭載されているルートキットスキャンを搭載。メモリ、ブートセクタ、スタートアップオブジェクトに対し、個別にスキャンを実行でき、BIOSに感染するマルウェア「BIOSキット」にも対応している。

さらにマルチコアプロセッサを活用し、マルチスレッドモードにより検査することが可能。最新OSに最適化したほか、スキャンの短縮や、プログラムの安定を実現したという。

またユーザーインターフェースを刷新。スキャン中にネットワーク接続をブロックする機能や、スキャン終了後にOSをシャットダウンする機能を搭載している。

(Security NEXT - 2012/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説