Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、36件の脆弱性を修正したセキュリティアップデートを公開

Appleは、「Mac OS X Lion 10.7.4」や「Mac OS X Lion Server」向けにセキュリティアップデートを公開した。また「Mac OS X 10.6.8」のユーザーには「Security Update 2012-002」を用意。あわせて36件の脆弱性に対処している。

今回のアップデートでは、ネットワークアカウントや旧File Vault利用時のパスワードなどが平文でログに保存され、他ユーザーから閲覧可能となる「Login Window」の問題に対応。FileVaultで、一部ユーザーデータが暗号化されないカーネルの脆弱性についても修正した。

またSSL通信が解読されるおそれがある「curl」の脆弱性や、リモートから情報取得される「Directory Service」の不具合、「libsecurity」や「libxml」において細工されたサイトへアクセスした場合にコード実行される脆弱性などを解消。

さらにTIFFファイルの処理など「ImageIO」に存在する複数の脆弱性のほか、「QuickTime」「Samba」「Time Machine」「Bluetooth」「PHP」「Ruby」「libarchive」をはじめ、修正は36件に及んでいる。

(Security NEXT - 2012/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
Apple、「macOS High Sierra」向けに緊急アップデート - root権限取得できる問題へ対応
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を
「Adobe Acrobat/Reader」の脆弱性62件を解消 - 10月にEOL迎えた「同XI」にも最終更新
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートは11月14日に公開予定
「KRACK」をはじめ148件の脆弱性を修正 - Apple
Apple、キーチェーンのパスワードが漏洩する脆弱性へ対処
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用
「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ
「macOS High Sierra 10.13」が登場 - 脆弱性43件を解消