Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用規約にしっかり目を通すユーザーは15% - 未読起因のトラブル、3割は自己責任認めず

ネットマイルは、「インターネットサービスやスマートフォンの利用規約・プライバシー」に関する調査を実施し、その結果を取りまとめた。

全国の同社会員のうち20代以上の「ウェブ検索エンジン」「SNS」「スマホアプリ」「ポータルサイト」利用者を対象に、インターネットによる調査を実施したもの。有効回答数は1000件。

レポートによれば、サービスやアプリの利用前に利用規約を「読む」と回答したのは全体の15%。「時々読む」とするユーザーが52.2%と中心で、「読まない」とする31.9%と3割を超えている。読まない理由については、「めんどくさい」が88%と大半を占める一方、「理解できない(17.2%)」との回答もあった。

利用規約について、33.9%が「重要だと思う」としており、「サービスによっては重要だと思う」をあわせると94.5%にのぼる。また利用規約を読まないことで発生するリスクについて、54.6%が「把握している」と回答した。

一方、利用契約が規約であるとの認識は低く、「契約ではない(14.8%)」および「わからない(11%)」との回答が約4分の1を占める。利用規約を読まなかったことが起因して発生したトラブルに対し、33.7%が「許せない」と自己責任を認めない声も目立った。

サービス提供側がユーザーから取得している個人情報の内容について、「知っている」「だいたい知っている」との回答は54.3%で半数にとどまった。残り半数は「知らない」「わからない」としている。

一部サービスでユーザーの個人情報が活用されている実態について、「知っている」と答えたのは47.7%で、そのうち40.9%が個人情報の活用を「許せない」と考えており、男性より女性の方が意識が強く、年代が上がるにつれて抵抗感が増すこともわかった。

提供したくない情報は「クレジットカード番号」が85.3%で最多。「住所(70.3%)」「電話番号(69.4%)」「写真(67.1%)」と続く。抵抗を感じる理由としては、「何に使われるか不明で怖い」「個人情報が漏れるのが怖い」がどちらも7割を超え、目立って多かった。

(Security NEXT - 2012/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件