Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、ネットスターに不正サイトのURLデータを提供

ネットスターとセキュアブレインは、不正サイト対策で提携すると発表した。

今回の提携を通じて、セキュアブレインではマルウェア感染サイトやフィッシングサイト、ワンクリック詐欺サイトをはじめとする不正サイトのURLデータをネットスターに提供する。

ネットスターでは、提供を受けたデータをURLフィルタリング関連サービスで活用。5月末より「サイトアンパイア」「NetSTAR ビジネススマートセキュリティ」など同社製品やサービスに反映させる。

また、アルプスシステムインテグレーションの「InterSafe WebFilter」やトレンドマイクロの「InterScan WebManager」などパートナー製品についても同様で、不正サイト対策が強化される。

(Security NEXT - 2012/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
2016年3Qのランサム検出、過去最多 - 感染被害報告は改善
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
子どものスマホ利用、アプリなど利用制限する保護者は4割以下
不正広告経由で脆弱性攻撃サイトに900万件のアクセス
急増するTLD、一部は危険サイトの巣窟に