Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチによる修正直後の脆弱性を狙う標的型攻撃が発生 - 国内組織を標的に

日本マイクロソフトにより4月の月例セキュリティ更新プログラム「MS12-027」で修正された脆弱性「CVE-2012-0158」が、国内組織を狙った標的型攻撃で悪用されていることがわかった。

「CVE-2012-0158」は、「MSCOMCTL.OCX」に含まれるActiveXの「Windowsコモンコントロール」に関する脆弱性。「Office」や「SQL Server」など複数のソフトウェアが影響を受ける。

更新プログラムが公開された4月11日の時点で、限定的ながら標的型による悪用がすでに確認されており、日本マイクロソフトでは至急プログラムを適用するよう呼びかけている。

今回、日本IBMのTokyo SOCが、国内組織をターゲットとした標的型攻撃を確認したもので、細工したRTF形式のdocファイルをメールの添付ファイルとして送り付けているという。

送信元のメールアドレスは国内組織を偽装しており、誤ってWordやWordpadで開くとマルウェアへ感染し、外部サーバと通信する。

またトレンドマイクロも、更新プログラムが公開されてから数日後より、世界各地で悪用を確認しており、チベットのNGOを狙った標的型攻撃について報告している。

(Security NEXT - 2012/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL