Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトに不正アクセス、個人情報が流出のおそれ - 大進

ギフトサービスを展開する大進は、同社オンラインショップが不正アクセスを受け、顧客情報1117件が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

情報流出の可能性があるのは、同社が運営する「お中元、お歳暮専用インターネットサイト」へ登録されていた顧客460人分の個人情報。

氏名や住所、電話番号、メールアドレス、暗号化済みのログインパスワードのほか、そのうち291人分についてはクレジットカード番号や有効期限が含まれる。また届け先情報657人分の氏名や住所、電話番号についても流出したおそれがある。

3月28日にクレジットカード会社より指摘があり、一部クレジットカード情報が不正に使用された可能性が判明。同社ではウェブサイトを閉鎖して登録情報をサーバより削除し、原因を調査している。

同社は、経済産業省へ事態を報告し、警察へ被害を届けた。また送り主である顧客や届け先に対して謝罪を進めており、各クレジットカード会社へ連絡して協力を要請した。

ほかの通販サイトや店舗における顧客情報について、同社は流出を否定しているが、決済については、クレジットカードをデータベースへ保管しない仕様に変更したという。

(Security NEXT - 2012/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト