Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトに不正アクセス、個人情報が流出のおそれ - 大進

ギフトサービスを展開する大進は、同社オンラインショップが不正アクセスを受け、顧客情報1117件が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

情報流出の可能性があるのは、同社が運営する「お中元、お歳暮専用インターネットサイト」へ登録されていた顧客460人分の個人情報。

氏名や住所、電話番号、メールアドレス、暗号化済みのログインパスワードのほか、そのうち291人分についてはクレジットカード番号や有効期限が含まれる。また届け先情報657人分の氏名や住所、電話番号についても流出したおそれがある。

3月28日にクレジットカード会社より指摘があり、一部クレジットカード情報が不正に使用された可能性が判明。同社ではウェブサイトを閉鎖して登録情報をサーバより削除し、原因を調査している。

同社は、経済産業省へ事態を報告し、警察へ被害を届けた。また送り主である顧客や届け先に対して謝罪を進めており、各クレジットカード会社へ連絡して協力を要請した。

ほかの通販サイトや店舗における顧客情報について、同社は流出を否定しているが、決済については、クレジットカードをデータベースへ保管しない仕様に変更したという。

(Security NEXT - 2012/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市