Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、暗号化したデータベースを復号化せずに検索できる技術

日立製作所は、クラウドに保存された暗号化済みのデータベースを、復号せずに検索や照合ができる新技術を開発した。

今回開発した「検索可能暗号技術」は、総務省の委託研究である「大規模仮想化サーバ環境における情報セキュリティ対策技術の研究開発」の成果。データベースを検索や照合する際に復号化の作業が不要で、データベースの盗難時や復号時の情報漏洩リスクを低減できる。

また高速処理が可能な共通鍵暗号技術により暗号化処理のオーバーヘッドを抑えたほか、毎回異なる乱数を用いて暗号化することで、同一データから同一の暗号文が生成されないよう工夫している。

今後同社は日立ソリューションズと共同で、機密性を保ちつつ、大容量のデータベースや計算リソースが必要で、類似検索の需要があるゲノム解析分野のセキュリティ対策に応用。2013年度中にパブリッククラウド対応も可能なソリューションの提供を目指して開発を進める。

(Security NEXT - 2012/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
「宅ふぁいる便」利用者向けに特設サイト - 流出PW確認や退会受付など
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も