Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、暗号化したデータベースを復号化せずに検索できる技術

日立製作所は、クラウドに保存された暗号化済みのデータベースを、復号せずに検索や照合ができる新技術を開発した。

今回開発した「検索可能暗号技術」は、総務省の委託研究である「大規模仮想化サーバ環境における情報セキュリティ対策技術の研究開発」の成果。データベースを検索や照合する際に復号化の作業が不要で、データベースの盗難時や復号時の情報漏洩リスクを低減できる。

また高速処理が可能な共通鍵暗号技術により暗号化処理のオーバーヘッドを抑えたほか、毎回異なる乱数を用いて暗号化することで、同一データから同一の暗号文が生成されないよう工夫している。

今後同社は日立ソリューションズと共同で、機密性を保ちつつ、大容量のデータベースや計算リソースが必要で、類似検索の需要があるゲノム解析分野のセキュリティ対策に応用。2013年度中にパブリッククラウド対応も可能なソリューションの提供を目指して開発を進める。

(Security NEXT - 2012/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組
「SSL/TLS暗号設定ガイドライン Ver.2.0」を公開 - IPA
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ