Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グリーのオンラインゲームでアイテムが不正流通 - RMT行為も発生

グリーが運営するオンラインゲーム「探検ドリランド」で、ゲーム内のアイテムが複製され、流通する問題が発生した。

同ゲームにおいて、本来流通しない規模でアイテムが流通し、ユーザー間のトレードが行われていたもの。同社では2月19日に、アイテムのトレード機能を一時中止。2月21日より調査の目処がついたとして同機能を再開し、重複したアイテムの回収を開始した。

不正に取得されたアイテムが、ネットオークションに出品されて売買されたケースも発生。同社では、サービスにおける無許可の商業目的の利用を禁止しており、禁止行為を行っていたユーザーについては、アカウントの停止など措置を実施するとしている。

(Security NEXT - 2012/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
「Dirty COW」判明から約1年、初の対Android攻撃 - 危険なアプリが30万件以上
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出
「Google Play」上に広告収入狙いのアドウェアが300件以上流通