Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層の人材育成目指す「セキュリティ・キャンプ実施協議会」が設立へ - 地方講座も実施

セキュリティ人材の育成を目指した「セキュリティ・キャンプ実施協議会」の設立総会が、2月22日に開催される。

同協議会は、若年層を対象とした情報セキュリティ研修会「セキュリティキャンプ」の計画立案、地方講座の運営などを目的とした団体。情報処理推進機構(IPA)と民間企業の発起人会で設立の準備を進めていた。

「セキュリティキャンプ」は、2004年より経済産業省と日本情報処理開発協会(JIPDEC)が開催しており、2008年からは、IPAとセキュリティ&プログラミングキャンプ・コンソーシアムが、「セキュリティ&プログラミングキャンプ」として展開している。

セキュリティキャンプには、これまで22歳以下の学生約360人が参加。民間からも講師を招き、同イベントを通じて人材の育成や人材の発掘を推進してきたが、2012年度は人材育成に力を入れ、同協議会の設立により体制を整備。これまでのキャンプにくわえ、地方講座なども計画している。

同協議会には、すでに26団体が参加に名乗りを上げており、設立総会では、会則の承認や役員の選出などを行うほか、事業計画案などを発表する予定。

(Security NEXT - 2012/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京
総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言