Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層の人材育成目指す「セキュリティ・キャンプ実施協議会」が設立へ - 地方講座も実施

セキュリティ人材の育成を目指した「セキュリティ・キャンプ実施協議会」の設立総会が、2月22日に開催される。

同協議会は、若年層を対象とした情報セキュリティ研修会「セキュリティキャンプ」の計画立案、地方講座の運営などを目的とした団体。情報処理推進機構(IPA)と民間企業の発起人会で設立の準備を進めていた。

「セキュリティキャンプ」は、2004年より経済産業省と日本情報処理開発協会(JIPDEC)が開催しており、2008年からは、IPAとセキュリティ&プログラミングキャンプ・コンソーシアムが、「セキュリティ&プログラミングキャンプ」として展開している。

セキュリティキャンプには、これまで22歳以下の学生約360人が参加。民間からも講師を招き、同イベントを通じて人材の育成や人材の発掘を推進してきたが、2012年度は人材育成に力を入れ、同協議会の設立により体制を整備。これまでのキャンプにくわえ、地方講座なども計画している。

同協議会には、すでに26団体が参加に名乗りを上げており、設立総会では、会則の承認や役員の選出などを行うほか、事業計画案などを発表する予定。

(Security NEXT - 2012/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省とイスラエル国家サイバー総局、研究開発や人材育成で協力
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る