Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IE利用企業の半数弱が「IE 6」かそれ以前のバージョンを使用

ウェブブラウザとして「Internet Explorer」を利用する企業の半数弱が、「同6」かそれ以前のバージョンを利用していることが、日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会の調査で明らかになった。

120209ja_01.jpg
ブラウザの利用割合(グラフ:日本アドバタイザーズ協会)

同協会が企業におけるウェブ閲覧環境について、同協会へ加盟する企業など445社や官公庁104団体を対象に郵送調査を実施したもの。有効回答数は160。

レポートによれば、82.4%の企業が「IE」を利用していると回答。そのうち46.8%が「同6」やそれ以前のバージョンを利用していた。

2011年4月にリリースされた最新版となる「同9」では、「ActiveXフィルター」や「ダウンロードマネージャー」などセキュリティ機能が強化されているが、IE利用企業の7.2%にとどまるなど、企業で導入が進んでいないという。

2009年3月にリリースされ、「クロスサイトスクリプトフィルター」などセキュリティ機能が追加された「IE 8」は、比較的導入が進んでいるものの29.4%と約3割にとどまり、「IE 9」とあわせても4割に達していない状況だった。

(Security NEXT - 2012/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
「Flash Player」脆弱性、パッチ提供1週間前に研究者が詳細公表済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避