Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMC、仮想化環境に対応した「RSA enVision」の新版を発売

EMCジャパンは、不正操作などを検知できるログ管理ソリューションの最新版「RSA enVision 4.1」を発売した。

同製品は、システムやアプリケーションのログを収集して保存し、一元管理を実現するアプライアンス。ログの内容をリアルタイムに監視し、不正アクセスなどを検知したり、収集したデータをコンプライアンス対策に活用できる。

最新版では、「VMware」の仮想マシンにおける動作をサポート。また収集したイベントデータのエクスポートが容易になり、他社のデータベース製品やレポーティング製品とのより柔軟に連携できるようになった。

さらにレポート生成のパフォーマンスを強化しており、一時ファイルに必要なディスク容量を削減。分散型モデルにおいて、データ処理専用サーバを同時に複数利用できるようになった。

同社では、新バージョンの投入にあわせて価格を改定し、約30%から50%の値下げを実施。サイバー攻撃への早期対応といった需要に対応していく。最大100デバイス対応するエントリーモデル「同ES-560」の価格は、366万4500円。

(Security NEXT - 2012/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供