Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市サイトから個人情報流出、研修中の誤操作で - 福島市

福島市は、同市のウェブサイト上で個人情報が閲覧可能な状態となり、外部に流出したことを明らかにした。

同市の施設「アクティブシニアセンター・アオウゼ」で、1月16日にウェブサイトの更新研修を行った際、個人情報含むファイルを誤って公開したもの。同月26日に関係者から指摘があり、問題が判明した。

同施設へ使用申請を行った法人6件や個人1件の名前、責任者の氏名、住所、電話番号、使用目的、使用人数などがインターネット経由で閲覧可能だったという。

同市ではサーバ上のデータを削除し、検索サイトへ情報の削除を依頼。関係者への報告や謝罪を行った。被害などは確認されていないが、引き続き調査を行うという。

(Security NEXT - 2012/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 茨城キリスト教大
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
事業者アンケートで他社回答を表示する不具合 - 公取委
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市