Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型セキュリティ教育サービスに新入社員向けコンテンツを追加 - 日本ユニシス

日本ユニシスは、「eラーニングセキュリティ教育サービス」に、新入社員向けコンテンツを2月13日より追加し、提供を開始する。

同サービスは、SaaS型の企業向け教育プラットフォーム「LearningCast」を使用し、従業員向けのセキュリティ教育コンテンツを提供するeラーニングソリューション。

新入社員向けメニューでは、SNS利用時の情報漏洩など、身近に起こりやすい事故事例を解説するとともに、業務に沿った具体的なセキュリティ対策を対話形式で説明。受講時間は約30分で、理解度テストで受講内容の再確認ができる。

価格はボリュームディスカウント制で、教育対象者300人で3カ月間利用の場合、1人あたり月額945円。企業ポリシーに合わせたコンテンツのカスタマイズも、別途料金で利用できる。

(Security NEXT - 2012/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
日立、サイバー攻撃の情報共有や対応強化で地銀と協力
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供