Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手軽に導入、マルウェア入りOfficeファイルを開かせない「MOICE」 - 標的型ゼロデイ攻撃にも有効

標的型攻撃をはじめ、ソーシャルエンジニアリングによりマルウェアを埋め込んだファイルを開かせる手口が横行している。こうした標的型攻撃に有効なセキュリティ対策として、日本マイクロソフトのセキュリティレスポンスチームが、ブログで「MOICE」を紹介している。

「Office」に用意されている「MOICE(Microsoft Office Isolated Conversion Environment)」は、標的型攻撃に用いられることが多い「Office 97-2003形式ファイル」を、ファイルオープンする前に「Open XMLフォーマット」へ変換する機能。

同機能を有効にしてある場合、マルウェアを埋め込むなど細工が施されたファイルは、正しく変換できず、ファイルを開けない。そのため誤ってファイルを開き、マルウェアへ感染するリスクを低減できる。

また「Office 2007」以降のXML書式で記載されたファイルに、マルウェアを埋め込むことは非常に難しいとされており、「MOICE」により多くの攻撃が防げる。

実際の効果を見ても、「MOICE」と「DLLプリロード」の脆弱性対策を実施しておくことで、2011年に公開されたセキュリティ更新プログラムを適用していない環境でも、約9割近くの脆弱性について悪用を防ぐことが可能だったとのデータがあり、ゼロデイ攻撃への耐性を高める効果が期待できる。

また「Office」には、「ファイル検証機能」が用意されている。「MOICE」と同時に利用することで、多重防御の環境を実現できる。

「MOICE」は、推奨されているすべての更新プログラムがインストールした状態で、コマンドプロンプトから特定のコマンドを実行することで利用でき、組織ではグループポリシーにより展開できる。具体的なコマンドについては、同チームのブログを参照のこと。

(Security NEXT - 2012/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoCによる標的型攻撃対策に限界 - Kasperskyが事例挙げて指摘
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
委託先に標的型攻撃、電気通信設備の資料が流出か - 国交省
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明