Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友倉庫、首都圏向けアーカイブ専用倉庫を拡充

住友倉庫は、埼玉県羽生市においてアーカイブ専用倉庫「東京支店羽生アーカイブセンター第2センター」の運営を開始した。

同社は、文書や磁気テープ、フィルムなどの情報記録媒体の管理を行うアーカイブ事業を展開しており、すでに同市内で羽生アーカイブセンター第1センターを運営しているが、情報記録媒体の取り扱い需要増加やサービスニーズの多様化などを受け、専用施設を拡充したもの。

同センターは、免震構造の鉄筋コンクリート造で、のべ床面積2万4380平米を確保。また指透過認証やICカード認証、監視カメラ、赤外線センサーといったセキュリティシステムのほか、非常用自家発電設備、窒素ガスによる消火設備、温湿度管理の機能などを備えている。

(Security NEXT - 2012/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供
エンカレッジ、形式に依存しない画像ファイル化ソリューション
IIJ、CSIRTの構築や運営を支援する新サービス
スプライン、印刷ログの検索サーバをリリース
CTC、米DocuSignの電子署名サービスを提供
不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術
富士ゼロックス、文書共有サービスにIRM機能 - 追跡や権限変更に対応
印刷管理ソフト「PrintOne」、マイナンバー印刷を検知
NEC、中小企業向けにメール環境のセキュリティを強化する新サービス