Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの届出が半減、改ざん被害の減少目立つ - IPA年間レポート

情報処理推進機構(IPA)は、2011年に同機構が受け付けたウイルスや不正アクセスの届出状況を取りまとめた。ウイルスと不正アクセスともに、2010年から減少している。

レポートによれば、2011年に同機構が受け付けたウイルスの届出件数は1万2036件で、2010年の1万3912件から13.5%の減少となった。

2005年の5万4174件をピークに減少傾向で、大規模な被害をもたらす大量メール配信型ウイルスが出現していないことが背景にあると同機構は分析している。

その一方で、届出のあったウイルスの種類は増加。2010年は101件だったが、2011年は125件だった。そのうち、はじめて届出を受け付けたウイルスは20件で、前年の5件を上回る。またAndroidを対象としたウイルスも、2011年にはあらたに7件の届出があった。

最も検出数が多かったのは「Netsky」で、「Mydoom」「Autorun」と続く。届出数の順位も同様だった。「Netsky」は2004年から首位の座を占めているが、全体に占める割合は減少傾向にある。また、「Gammima」など一時的に検出数が増加したウイルスもあった。

(Security NEXT - 2012/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加