Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アメーバのフィッシングサイトに注意 - ID奪われると取り戻すことは不可能

ブログサイト「アメーバ」を偽装し、IDやパスワードを騙し取るフィッシングサイトが確認された。同サイトを運営するサイバーエージェントやフィッシング対策協議会は、誤って情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

111222pc_01.jpg
本物とデザインで見分けが難しいフィッシングサイト

今回確認されたのは、アメーバのトップページを偽装したフィッシングサイト。12月22日の時点で、サイトの稼働が確認されている。

ログインフォームより、IDやパスワードを詐取する手口で、同協議会ではサイトの閉鎖に向け、JPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼した。

サイバーエージェントでも、偽装サイトへアカウント情報を誤って入力しないよう注意喚起を実施。同社によれば、被害に遭った場合も、登録メールアドレスが変更されていなければ、「パスワード忘れ」からパスワードを変更できるという。

一方、同社は登録メールアドレスが変更されてしまった場合、IDを取り戻すことはできないとしており、IDを削除したい場合には、「削除申請」より手続きを行い、警察へ相談するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用