Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティの注意喚起情報をTwitterで配信

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した情報セキュリティに関する脅威情報や注意喚起などを配信するサービスをTwitter上でも開始した。

同サービスは、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を配信するもの。

ウェブサイト上で注意喚起情報を配信できるサービス「icat」をすでに提供しているが、あらたにSNSサービス「Twitter」上でも情報提供を開始した。

Twitterアカウントは「@ICATalerts」で、フォローすることにより同機構が配信する緊急対策情報を購読できる。

(Security NEXT - 2011/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
App Storeに「VPNアプリ」と見せかけた詐欺アプリ
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
IoT機器で広く採用されている「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
「UPnP」プロトコルに脆弱性、攻撃手法「CallStranger」が明らかに
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
QNAP製NASの脆弱性狙うランサムウェア「eCh0raix」に注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る