Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティの注意喚起情報をTwitterで配信

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した情報セキュリティに関する脅威情報や注意喚起などを配信するサービスをTwitter上でも開始した。

同サービスは、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を配信するもの。

ウェブサイト上で注意喚起情報を配信できるサービス「icat」をすでに提供しているが、あらたにSNSサービス「Twitter」上でも情報提供を開始した。

Twitterアカウントは「@ICATalerts」で、フォローすることにより同機構が配信する緊急対策情報を購読できる。

(Security NEXT - 2011/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
メールで届く「wizファイル」に注意 - マクロ有効化でマルウェア感染のおそれも
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂