Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティの注意喚起情報をTwitterで配信

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した情報セキュリティに関する脅威情報や注意喚起などを配信するサービスをTwitter上でも開始した。

同サービスは、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を配信するもの。

ウェブサイト上で注意喚起情報を配信できるサービス「icat」をすでに提供しているが、あらたにSNSサービス「Twitter」上でも情報提供を開始した。

Twitterアカウントは「@ICATalerts」で、フォローすることにより同機構が配信する緊急対策情報を購読できる。

(Security NEXT - 2011/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
アーカイブ展開に脆弱性「Zip Slip」 - 多数ソフトウェアに影響
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正
職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか