Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティの注意喚起情報をTwitterで配信

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した情報セキュリティに関する脅威情報や注意喚起などを配信するサービスをTwitter上でも開始した。

同サービスは、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を配信するもの。

ウェブサイト上で注意喚起情報を配信できるサービス「icat」をすでに提供しているが、あらたにSNSサービス「Twitter」上でも情報提供を開始した。

Twitterアカウントは「@ICATalerts」で、フォローすることにより同機構が配信する緊急対策情報を購読できる。

(Security NEXT - 2011/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「Emotet」国内被害、10月後半より増加 - 過去やりとり踏まえた「なりすましメール」で拡大
セシール通販サイトで不正ログイン被害 - 試行は16回
「PayPay」装うフィッシング - 加盟店やフリマ利用者がターゲット
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
出光クレジットの通販サイト装うなりすましメールに注意
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工