Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティの注意喚起情報をTwitterで配信

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した情報セキュリティに関する脅威情報や注意喚起などを配信するサービスをTwitter上でも開始した。

同サービスは、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を配信するもの。

ウェブサイト上で注意喚起情報を配信できるサービス「icat」をすでに提供しているが、あらたにSNSサービス「Twitter」上でも情報提供を開始した。

Twitterアカウントは「@ICATalerts」で、フォローすることにより同機構が配信する緊急対策情報を購読できる。

(Security NEXT - 2011/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
国際情勢など記載した外務省職員をかたるマルウェアメールに注意
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加