Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズ、標的型攻撃対策サービス「WildFire」を提供

日立ソリューションズは、パロアルトネットワークスの標的型攻撃対策サービス「WildFire」を、2012年1月20日より提供開始する。

「パロアルトPAシリーズ」の最新モデルである「PA-200」の取り扱いを開始するとともに、クラウド型セキュリティサービスの提供を開始するもの。

「WildFire」では、ネットワークへ送信されたファイルをクラウド上の仮想環境で実行し、マルウェアと判断した場合は自動的に定義ファイルを生成し、同製品のファイアウォールなどへ反映させる。

また社内PCが感染した場合には、ボットネット検知機能で感染端末を発見するほか、情報流出の原因となり得るアプリケーションや特定の国との通信を遮断することで、被害の拡大を防ぐことができる。

(Security NEXT - 2011/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ソフォス、ファイアウォールの導入支援サービス
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス