Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スクエニ、不正アクセスによる個人情報漏洩がないことを確認

スクウェア・エニックスの会員サイト「スクウェア・エニックスメンバーズ」が不正アクセスを受けた問題で、同社は個人情報流出がなかったことを確認したと発表した。

同社は、同サイトにおいて不正アクセスや改ざんの形跡が見つかったとして、12月13日に同サイトを停止。詳細について調査を進めてきたが、今回不正アクセスで個人情報データベースに対するアクセスはなく、個人情報の流出はなかったと結論付けた。

同社は、再開可能なサービスより順次再開し、年内の復旧を目指すとしており、詳細なスケジュールは今後公表する予定。

(Security NEXT - 2011/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ