Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月は1日平均94件の標的型攻撃をブロック - 国内では約9日に1件

シマンテックによれば、標的型攻撃が1月から10カ月で約4倍に増加している。前月を下回ったものの、11月に引き続き高い水準で検出されているという。

11月に同社がブロックした標的型攻撃は、1日あたり94.1件。マルウェアは、メール255通に1通の割合で含まれていたのに対し、APTにつながる高度な標的型攻撃は200万通に1通の割合で送信されていた。

標的型攻撃は、9月の108.3件をピークに10月の99.9件とやや減少傾向が見られるものの、2011年1月の25.6件に比べると4倍近い水準となっている。

攻撃対象を国別に見ると、米国が最も頻繁に攻撃を受けており、1日に1件が検知された。次いで英国が1.2日に1件、香港が2.9日に1件。国内では8.8日に1件で、520人に1通の割合で送信されている計算になるという。

業種別に見ると、もっとも頻繁に攻撃を受けたのは公共機関で、1日に20.5件の攻撃が発生。次に多かったのは化学・製薬業界で18.6件だった。

攻撃対象となった組織の規模を見ると、従業員2500人以上の大規模企業を中心に狙われており、1日あたり36.7件の攻撃があった。次に多かったのは250人以下の中小企業で、11.6件の攻撃を受けていた。

(Security NEXT - 2011/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害
2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増
J-CSIPによる標的型攻撃の共有数がゼロに - 巧妙化による「検知逃れ」の可能性も
2016年のDLP市場は56億円 - プラス成長確保も伸び悩み