Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、メールや通話履歴を残さず利用できるAndroidアプリを開発

NTTソフトウェアは、Android搭載スマートフォンにメールを残さずに利用できるアプリを開発した。2012年春より販売する予定。

同社が提供するオフィス向けソリューション「ProgOfficeセキュアオフィスシリーズ」に、スマートフォン上にデータを残さずメールを利用できるアプリ「セキュアメール」をオプションとして追加したもの。

同機能では、すべてのデータをウェブ上で一元管理し、メール本文や添付ファイルを端末に保存せずに送受信や閲覧することが可能。

IDやパスワードによる認証、端末認証、アプリケーション認証を利用した多要素認証や、不正アプリがインストールされた端末からの利用を禁止するなどセキュリティ対策機能を備えている。今後は、iOSについても対応する予定。

同社では、「ProgOfficeセキュアオフィスシリーズ」にて、電話の発着信履歴と電話帳データをスマートフォンに残さず一元管理するアプリ「ネットワーク電話帳」も提供している。

(Security NEXT - 2011/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも