Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省のパソコン23台が新種ウイルスに感染 - 外部に情報送信

総務省の職員用パソコンからウイルスが見つかった問題で、パソコン23台に新種ウイルスが感染していたことがわかった。

サイバー攻撃に関する報道増加を受け、同省が調査を行ったところ、職員が利用するパソコンへのウイルス感染が11月2日に判明。同省では端末を回収して調査を進めていた。

感染していたのは新種の「トロイの木馬」。震災関連の連絡を装う標的型攻撃のメール添付ファイルでウイルスが侵入した。ウイルスは23台から見つかり、外部へ情報を送信していたという。

今回のウイルス感染により流出した情報は特定されていないが、業務情報のほか、関係者や職員、家族などの個人情報などが外部へ送信されていた可能性がある。

(Security NEXT - 2011/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ