Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無断で持ち出した顧客資料を帰宅途中に紛失 - 肥後銀行

肥後銀行は、顧客情報31件含む内部資料を、従業員が帰宅途中に紛失したと発表した。

9月16日に従業員が自宅で作業するため、無断で内部資料を持ち出し、帰宅途中で紛失したもの。個人27件および法人4件の顧客情報が記載されており、顧客の氏名、住所、勤務先のほか、決算データや融資額、預金残高などが含まれる。

資料は持ち出しは禁止されていたが、無断で持ち出された。同行では、警察へ被害を届け、対象となる顧客へ説明や謝罪を行っている。紛失した資料の不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2011/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
非常勤講師が持ち帰った答案用紙を紛失 - 金沢星稜大
患者情報記載の書類を突風で飛ばされ紛失 - 千葉市
クイズ当選者の個人情報含むPCを紛失 - 産経新聞
高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県
患者情報含む書類を帰宅途中に紛失 - 名古屋大病院
手術患者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 青梅市立総合病院
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府