Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無断で持ち出した顧客資料を帰宅途中に紛失 - 肥後銀行

肥後銀行は、顧客情報31件含む内部資料を、従業員が帰宅途中に紛失したと発表した。

9月16日に従業員が自宅で作業するため、無断で内部資料を持ち出し、帰宅途中で紛失したもの。個人27件および法人4件の顧客情報が記載されており、顧客の氏名、住所、勤務先のほか、決算データや融資額、預金残高などが含まれる。

資料は持ち出しは禁止されていたが、無断で持ち出された。同行では、警察へ被害を届け、対象となる顧客へ説明や謝罪を行っている。紛失した資料の不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2011/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
県立高校で解答用紙が盗難、教諭が買い物途中に - 埼玉県
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器
学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 東洋大
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
保育所児童の個人情報含む資料が盗難 - 福岡市
持ち出した小学校児童の個人情報が盗難 - 杉並区