Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新技術「McAfee DeepSAFE」を採用した新製品、10月中旬に発表予定 - ゼロデイ対策など実現

米McAfeeは、10月17日より開催される同社イベント「FOCUS 11」において、新技術「McAfee DeepSAFE」を採用した新製品を発表する計画だ。

McAfee DeepSAFE
「McAfee DeepSAFE」のイメージ

「McAfee DeepSAFE」は、OSより下の階層で動作し、ハードウェア上で脅威を直接監視できる技術。Intel VTx技術を活用したもので、IntelによるMcAfee買収後、はじめての成果となる。

同イベントでは、同技術を活用した製品として「McAfee Deep Defender」「McAfee Deep Commander」が発表されると見られている。

詳細は明らかにされていないが、「Defender」はゼロデイ攻撃を防御する製品で、「McAfee Deep Commander」と同社集中管理製品「McAfee ePolicy Orchestrator(eOP)」の連携により、集中管理を実現するという。

(Security NEXT - 2011/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
【速報】「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでにゼロデイ攻撃が発生
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
「Drupal」に深刻な脆弱性、アップデートが準備中 - 攻撃コードに警戒を
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
MS、ブラウザ同梱版「Flash Player」向けに定例外更新
Adobe、Flashゼロデイ脆弱性に対処した定例外更新をリリース - できる限り早急に更新を