Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのセキュリティ対策ソフト、「Google Chrome」をトロイの木馬として誤検知

Microsoftが提供しているセキュリティ対策ソフト「Microsoft Security Essentials」の一部定義ファイルで、Googleのブラウザ「Google Chrome」をマルウェアとして検出する誤検知が発生した。

9月30日に公開した定義ファイルを適用した場合に、パスワードを盗むトロイの木馬「PWS:Win32/Zbot」として「Google Chrome」を検知する不具合が発生したもの。誤検知された場合、動作がブロックされ、誤って削除されるおそれがある。

MSでは、公開から数時間後に今回の問題を修正した定義ファイルをあらたにリリースした。適用されている定義ファイルが「バージョン1.113.672.0」以降であれば、今回の問題の影響は受けない。

誤検知により不具合が生じた場合は、MSEのアップデートタブから手動で最新の定義ファイルを適用し、Google Chromeを再インストールことにより復旧できるという。

(Security NEXT - 2011/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入
Webrootで誤検知が発生、13分後に修正 - 影響範囲など調査中
MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能
CTC、機械学習を活用するSentinelOne製EDRを国内で販売
アズジェント、イスラエル製のIoT機器向け組込セキュリティソフトを取扱開始
トレンド、機械学習と既存技術を組み合わせた「XGen Endpoint Security」
一部アプリがカスペルスキー製アプリをマルウェアと誤検知
「Yahoo!ツールバー」がアップデート - マルウェア判定問題に対応