Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド型WAF「Scutum」の「アノマリ検知」を強化 - SST

セキュアスカイ・テクノロジーは、クラウド型ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)「Scutum」において、機械学習機能の機能強化を実施した。

同サービスは、ビットフォレストによる技術提供のもと展開しているクラウド型のWAFサービス。

今回の機能強化では、機械学習によりあらかじめ把握したサイトごとの正常な通信をもとに、異常な通信を検出する従来の「アノマリ検知機能」に、学習効果を高めるあらたな手法「Thinning」を8月1日より追加した。

「Thinning」では、異常を検知するアルゴリズム「Isolation Forest」において、ランダムに生成される個々の「分類器」をあらかじめ余分に用意。ウェブサイトごとの通信データを判定する上で、より適した「分類器」を選別して残すことにより、検出率の向上を図ったという。

より有効に機能する「分類器」を「アノマリ検知機能」に利用することで、正常な通信と見分けがつきにくい攻撃の検知や、攻撃と判断されやすい変則的な正常通信を偽陽性により誤検知するケースを低減できるとしている。

(Security NEXT - 2021/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害