Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド型WAF「Scutum」の「アノマリ検知」を強化 - SST

セキュアスカイ・テクノロジーは、クラウド型ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)「Scutum」において、機械学習機能の機能強化を実施した。

同サービスは、ビットフォレストによる技術提供のもと展開しているクラウド型のWAFサービス。

今回の機能強化では、機械学習によりあらかじめ把握したサイトごとの正常な通信をもとに、異常な通信を検出する従来の「アノマリ検知機能」に、学習効果を高めるあらたな手法「Thinning」を8月1日より追加した。

「Thinning」では、異常を検知するアルゴリズム「Isolation Forest」において、ランダムに生成される個々の「分類器」をあらかじめ余分に用意。ウェブサイトごとの通信データを判定する上で、より適した「分類器」を選別して残すことにより、検出率の向上を図ったという。

より有効に機能する「分類器」を「アノマリ検知機能」に利用することで、正常な通信と見分けがつきにくい攻撃の検知や、攻撃と判断されやすい変則的な正常通信を偽陽性により誤検知するケースを低減できるとしている。

(Security NEXT - 2021/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消