Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズら、ユーザーの設定情報とデータのみ集中管理できるソリューション

日立ソリューションズ、クオリティソフト、ユーグリッドの3社は協業し、PCの設定情報とデータを集中管理するソリューションを提供開始した。

同ソリューションは、クオリティソフトのバックアップアプライアンス「QQR」、IT資産とライセンス管理が行える「QAW」、ユーグリッドのユーザー設定管理を実現する「EUGRID PLATFORM Client Edition」を組み合わせたもの。日立ソリューションズがインテグレーションと販売を担当する。

「EUGRID PLATFORM Client Edition」は、PCのOSやインストールしたソフトはそのまま、ユーザー設定情報とデータのみを仮想化して集中管理できる製品。これらのデータを「QQR」でバックアップすることで、低コストでデータの保護を行い、早期の環境復旧を実現するという。

また「QAW」との連携により、Active Directory環境下にないPCも同様の環境下に置き、EUGRIDのクライアントとして管理することが可能。標準アプリケーションのアップデートや設定変更、セキュリティパッチ適用、ソフトウェアライセンス管理に対応している。

(Security NEXT - 2011/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic