Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズら、ユーザーの設定情報とデータのみ集中管理できるソリューション

日立ソリューションズ、クオリティソフト、ユーグリッドの3社は協業し、PCの設定情報とデータを集中管理するソリューションを提供開始した。

同ソリューションは、クオリティソフトのバックアップアプライアンス「QQR」、IT資産とライセンス管理が行える「QAW」、ユーグリッドのユーザー設定管理を実現する「EUGRID PLATFORM Client Edition」を組み合わせたもの。日立ソリューションズがインテグレーションと販売を担当する。

「EUGRID PLATFORM Client Edition」は、PCのOSやインストールしたソフトはそのまま、ユーザー設定情報とデータのみを仮想化して集中管理できる製品。これらのデータを「QQR」でバックアップすることで、低コストでデータの保護を行い、早期の環境復旧を実現するという。

また「QAW」との連携により、Active Directory環境下にないPCも同様の環境下に置き、EUGRIDのクライアントとして管理することが可能。標準アプリケーションのアップデートや設定変更、セキュリティパッチ適用、ソフトウェアライセンス管理に対応している。

(Security NEXT - 2011/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立