Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で全校児童の名簿含むUSBメモリが所在不明に - 宇治市

京都府宇治市の市立西大久保小学校において、全校児童の名簿などが保存されたUSBメモリが、所在不明になっていることがわかった。

紛失したUSBメモリには、全校児童295人分の氏名、学年、学級含む名簿が保存されていた。このほか、1年生22人分の成績表や行動一覧表、出欠の記録なども含まれる。

7月19日にバックアップをとるため、教師がUSBメモリを使用。作業終了後、所定の収納ケースに戻して校長室にある保管庫へ入れて施錠。その後9月15日にメモリを使用しようとした際、紛失に気がついた。

保管庫の鍵は教頭が管理。最後にメモリが使われてから保管庫は開錠されていないという。USBメモリにはパスワードを設定していた。

同校では、今回の紛失を受け、1年生の家庭を訪問して謝罪、保護者を対象とした説明会を開催する予定。

また同市は、USBメモリを保管するケースが整頓されておらず、収納時にUSBメモリが揃っているか確認していなかったのが原因だっとし、取り扱い方法の見直しや、USBメモリの管理マニュアルを整備するなど、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2011/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院