Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

有料SMSを送る「Android.SmsSend」亜種が急増、8月に22種検知 - Dr.Webレポート

Doctor Web Pacificは、8月に同社製品が検知したウイルスの状況を取りまとめた。Androidを狙ったトロイの木馬「Android.SmsSend」の亜種が急増している。

同社がまとめたランキングによれば、8月にメールトラフィック内で検出されたウイルスの1位は、全体の26.4%を占めた「Trojan.DownLoad2.24758」だった。

また、WebMoneyユーザーから電子マネーを盗む「BackDoor.Pushnik.15」が4位に、「BackDoor.Pushnik.16」が5位に入っている。PC上で検出されたウイルスの1位は前月と変わらず「JS.Click.218」で、全体の58.5%と半数以上を占めた。

8月に最も目立った動きを見せたのは、Androidを狙った「Android.SmsSend」。22件のあらたな亜種が発見された。2011年のはじめに6つの亜種が登録され、その後7カ月で10倍に増加し、現在は60を超える亜種を同社では確認している。

攻撃手法は、本来無料で入手できるアプリケーションについて、ダウンロードに有料SMSの送信が必要と誘導して金銭を騙し取るものだった。

(Security NEXT - 2011/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」