Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証局DigiNotarを狙った「Operation Black Tulip」、原因はサーバ管理不備 - Comodo攻撃の形跡も

オランダの政府セキュリティ機関は、DigiNotarにおいて不正なSSL証明書が発行された問題で、調査結果の中間報告を公表した。

DigiNotarのシステムについて調査を行っているセキュリティベンダーFox-ITが、今回の攻撃を「Operation Black Tulip」と命名し、中間報告を取りまとめたもの。

レポートによれば、攻撃者はDigiNotarにおけるすべての認証局サーバにおける管理者特権を取得。一部稚拙なスクリプトが見られたものの、今回の攻撃を目的とした高度なプログラムが発見された。また3月に不正証明書の発行が判明した認証局「Comodo」に対する攻撃との明確な関係を示す形跡が残存していたという。

攻撃者による最初のDigiNotarへのアクセスは6月6日。約1カ月後の7月10日に不正な「*.google.com」の証明書がはじめて発行されている。

OCSPレスポンダへのリクエストは7月後半からはじまり、8月4日より急増。証明書が失効した同月29日までに、30万件のユニークIPからリクエストがあり、そのうち99%がイランからだった。

(Security NEXT - 2011/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「Adobe Creative Cloud」デスクトップ版に3件の脆弱性
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
ネットワーク対応学習リモコン向けAndroidアプリに脆弱性