Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、バラクーダ製ブラックリスト型WAFを取扱開始 - 仮想アプライアンス版も

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、バラクーダネットワークスジャパンのウェブアプリケーションファイアウォール「Barracuda Web Application Firewall」の取り扱いを開始した。

同製品は、HTTP通信における不正な値やパターンを定義した「シグネチャ」を利用したブラックリストを利用するウェブアプリケーションファイアウォール。

ブラックリストに合致した不正な通信をブロックするため、ホワイトリスト型のようにあらかじめポリシーを設定する必要がない。シグネチャは自動配布される。ハードウェアアプライアンス版にくわえ、仮想環境に導入できる仮想アプライアンス版も用意した。

価格は、ハードウェアアプライアンス版が134万9300円から。仮想アプライアンス版が年額72万4500円から。2年間で80台の販売を目指している。

(Security NEXT - 2011/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
OSS開発者向けにウェブアプリ脆弱性検査サービスを無償提供 - ビットフォレスト
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト