Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月に登場したAndroid向け新種マルウェアは29件 - Dr.Web調査

Doctor Web Pacificによれば、7月にあらたに登場したAndroid向けの新種マルウェアは、29件に上っている。引き続き正規ソフトが悪用されるケースが報告されている。

同社が7月に確認したAndroid向けのマルウェアは、6月に発見された「Android.Gongfu」の亜種などをはじめ29件。なかでもスパイウェア「Android.GoldDream.1」は、ゲーム「Drag Racing」「Draw Slasher」など、正規ソフトに組み込まれ、非公式サイトで配布されていた。

同マルウェアを誤ってインストールすると、バックグラウンドで動作し、端末の識別情報や電話番号を外部サーバへ自動的に送信。その後の通話やSMSの内容なども、スパイウェアの作者に送られる。

さらに外部から操作も可能で、SMSスパムの送信や電話の発信、さまざまなプログラムのインストールなど、コマンドの実行することが可能だという。

同社では、信頼できるソフトウェア配布元以外からインストールしないよう呼びかけるとともに、セキュリティ対策ソフトの利用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍