Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再委託先が165万件の顧客情報を無断持ち出し - 山陰合同銀行

山陰合同銀行において、顧客情報165万7131件が無断で外部へ持ち出されていたことがわかった。

同行によれば、7月20日から翌21日にかけてシステム保守の再委託先従業員が同行事務センターでシステムの保守作業を実施した際、サーバからUSBメモリへ顧客データをコピーし、無断で持ち出したという。

持ち出された顧客情報は、個人顧客152万5478万件および法人顧客13万1653件。氏名や住所、生年月日、電話番号、取引内容など含まれる。

USBメモリの使用は禁止されており、保守委託先の監視センターにおいて異常を示すアラートが出たため調査を行ったところ、USBメモリの使用が判明。再委託先の調査により同従業員による持ち出しが発覚した。

(Security NEXT - 2011/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
転居先住所を本人の意志に反して提供 - 仙台市
非常勤講師が持ち帰った答案用紙を紛失 - 金沢星稜大
元従業員が顧客情報を持ち出し、一部にDM送付 - エステサロン
子会社の元従業員が顧客情報を持ち出し、すでに回収済み - DMG森精機
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
元社員が経営幹部などの求職者情報を持ち出し - リクルート関連会社