Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生1万1000人分の成績評価資料含むCD-ROMを紛失 - 東海大

東海大学は、湘南キャンパス内教員研究室において、期末試験受験者1万1197人の成績評価用資料が保存されたCD-ROMを紛失したと発表した。

紛失したのは、期末試験の結果分析用のCD-ROMで、同大湘南キャンパス、伊勢原キャンパスおよび清水キャンパスで実施した英語コミュニケーション科目の受験者1万1197人の成績評価用資料が保存されていた。

7月27日に紛失が判明し、8月4日に警察や文部科学省に紛失を届けた。対象となる学生とその保護者には、報告と謝罪の文書を送付したという。

(Security NEXT - 2011/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 岐阜保健大
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
シンポジウム案内メールで誤送信 - 大阪市立大
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大