Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生や教職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 日赤豊田看護大

日本赤十字豊田看護大学の教員が、学生や教職員など合わせて318人の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失していたことがわかった。

紛失したUSBメモリには、学生289人、実習先の職員23人、および同大学の教職員6人の氏名と所属が保存されていた。また、学生のうち136人については、実習評価表が含まれるという。

同大学の教員が7月25日に紛失に気付いたもので、捜索を続けているが発見されていない。データの外部漏洩などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2011/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸