Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KasperskyのMac版が最新OS「Lion」に対応

「Kaspersky Anti-Virus for Mac」のMac OS X 10.7(Lion)対応版が公開されている。

7月28日に公開された最新プログラム「バージョン8.0.2.460」にて対応したもので、製品を販売するジャストシステムのウェブサイトよりダウンロードすることができる。

従来より販売されているバージョン「バージョン8.0.1.358」「同8.0.2.460」は、Lionに対応しておらず、これら製品がインストールされた状態でMac OS Xをアップグレードした場合、システム終了ができない、動作が不安定になるなど、障害が発生する可能性があるという。

またLionへ、旧バージョンをインストールしようとした場合も不具合が生じるとして、利用者へバージョンの確認など実施するよう同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インターコムの「MaLion」に認証不備やSQLiなど複数の脆弱性
セキュリティフライデーとインターコム、法人向けセキュリティ分野で協業
EFSS製品の「kiteworks」に複数の脆弱性
Kaspersky、セキュリティ研究のコンテスト「Talent Lab」を開催
Accellion製ファイル転送システムに複数の脆弱性
インターコム、PC管理ソフトの新版 - オフライン端末のログ収集に対応
Apple、初期化しても復旧できない深刻な脆弱性に対処
Apple、「OS X Yosemite 10.10.3」などを公開 - 79件の脆弱性を解消
Apple、Yosemite向けに「Security Update 2015-003」を公開
「FREAK」などOS Xの脆弱性5件を修正 - Apple