Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsドメインを乗っ取る「PetitPotam攻撃」 - PoCが公開済み

ドメインコントローラーを乗っ取られるおそれがある攻撃手法「PetitPotam」が明らかとなった。マイクロソフトは「古典的なNTLMリレー攻撃」の一種とし、緩和策についてアナウンスを行っている。

「PetitPotam」は、ドメインコントローラーにおける認証情報を必要とすることなく、APIより「MS-EFSRPC(Encrypting File System Remote)」を処理する関数「EfsRpcOpenFileRaw」を悪用し、ホストに対して他マシンへの認証を強要する攻撃手法。フランスのセキュリティ研究者であるtopotamことGilles Lionel氏が発見した。

同氏は概念実証(PoC)を公開し、ほかのプロトコルや関数などでも同様の攻撃が行えると主張。また「EFS(Encrypted File System)」機能を無効化しても軽減されないとの見方を示した。

今回の問題に対して、マイクロソフトでは7月23日にアドバイザリを公表。同社は「PetitPotam」について、「Windowsドメインコントローラー」やそのほかの「Windows Server」などに影響があり、これまでも注意を呼びかけてきた「古典的なNTLMリレー攻撃」の一種であると説明した。

(Security NEXT - 2021/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み