Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsドメインを乗っ取る「PetitPotam攻撃」 - PoCが公開済み

ドメインコントローラーを乗っ取られるおそれがある攻撃手法「PetitPotam」が明らかとなった。マイクロソフトは「古典的なNTLMリレー攻撃」の一種とし、緩和策についてアナウンスを行っている。

「PetitPotam」は、ドメインコントローラーにおける認証情報を必要とすることなく、APIより「MS-EFSRPC(Encrypting File System Remote)」を処理する関数「EfsRpcOpenFileRaw」を悪用し、ホストに対して他マシンへの認証を強要する攻撃手法。フランスのセキュリティ研究者であるtopotamことGilles Lionel氏が発見した。

同氏は概念実証(PoC)を公開し、ほかのプロトコルや関数などでも同様の攻撃が行えると主張。また「EFS(Encrypted File System)」機能を無効化しても軽減されないとの見方を示した。

今回の問題に対して、マイクロソフトでは7月23日にアドバイザリを公表。同社は「PetitPotam」について、「Windowsドメインコントローラー」やそのほかの「Windows Server」などに影響があり、これまでも注意を呼びかけてきた「古典的なNTLMリレー攻撃」の一種であると説明した。

(Security NEXT - 2021/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Deep Security」など2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み