Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Android」のSSL証明書処理に脆弱性 - フィッシング攻撃のおそれ

「Android」のSSL証明書の取り扱いに脆弱性があり、フィッシング攻撃などへ悪用されるおそれがあることがわかった。開発者やセキュリティ専門機関、端末メーカーなどが注意を呼びかけている。

同OS 2.2よ以前のバージョンにおいて、ウェブサイトのSSL証明書を表示する際、外部サイトのSSL証明書を表示する脆弱性が判明したもの。脆弱性でウェブサイトを誤認させることが可能となり、フィッシング攻撃へ悪用される可能性があるため、アップデートを呼びかけている。

今回明らかになった脆弱性は、ビジネスインフォーメイションガーヴァンの大谷周平氏が発見し、IPAへ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2011/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に