Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報流出で停止した「行政情報検索システム」を再開 - さいたま市

さいたま市は、個人情報を誤って公開していたとして1月25日に一時停止した「行政情報検索システム」の提供を再開した。

「行政情報検索システム」は、文書名などから同市の行政情報を検索できる行政サービス。公開用件名に本来非公開である個人情報157件や法人情報13件が含まれていることが1月に判明し、急遽サービスを停止した。

同システムには、240万件の行政情報が登録されており、同市では確認を行っていたが、作業が完了したとして再開したという。

(Security NEXT - 2011/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
一般閲覧用の公開資料に個人情報 - 東京都港区
肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
学修支援システムで他学生氏名が閲覧可能に - 阪大
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府
バッグを売却した顧客氏名など流出 - バリュエンス