Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報流出で停止した「行政情報検索システム」を再開 - さいたま市

さいたま市は、個人情報を誤って公開していたとして1月25日に一時停止した「行政情報検索システム」の提供を再開した。

「行政情報検索システム」は、文書名などから同市の行政情報を検索できる行政サービス。公開用件名に本来非公開である個人情報157件や法人情報13件が含まれていることが1月に判明し、急遽サービスを停止した。

同システムには、240万件の行政情報が登録されており、同市では確認を行っていたが、作業が完了したとして再開したという。

(Security NEXT - 2011/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
会員のメアドとPWを外部で確認、原因不明 - ジャパンレンタカー
特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ