Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BSA、クラウドにおける知的財産侵害の形態を説明

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は、動画コンテンツ「クラウコンピューティングの基礎と課題」を公開した。

同コンテンツは、クラウドの利用における基礎知識や知的財産権侵害に関する啓発を目的としたコンテンツ。

クラウドの特徴を解説しているほか、クラウド利用により生じる可能性がある知的財産の侵害形態について説明している。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
「Citrix XenServer」に複数脆弱性 - ホストが停止したり侵害されるおそれ
セキュリティ管理部署を持つ組織は65% - 専任者設置企業は約1割
AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン