Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BSA、クラウドにおける知的財産侵害の形態を説明

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は、動画コンテンツ「クラウコンピューティングの基礎と課題」を公開した。

同コンテンツは、クラウドの利用における基礎知識や知的財産権侵害に関する啓発を目的としたコンテンツ。

クラウドの特徴を解説しているほか、クラウド利用により生じる可能性がある知的財産の侵害形態について説明している。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

設定ミスにより危険な状態の「SAP」が多数存在 - 攻撃ツールが流通
「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ
ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
無人潜水機など海事技術狙う「APT 40」 - 中国関与か
教員や学生の「Office 365」アカウントが乗っ取り被害 - 東京理科大
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中