Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BSA、クラウドにおける知的財産侵害の形態を説明

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は、動画コンテンツ「クラウコンピューティングの基礎と課題」を公開した。

同コンテンツは、クラウドの利用における基礎知識や知的財産権侵害に関する啓発を目的としたコンテンツ。

クラウドの特徴を解説しているほか、クラウド利用により生じる可能性がある知的財産の侵害形態について説明している。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
PHPのパッケージリポジトリ「Packagist」に脆弱性
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
関税強化で対立する米中、サイバー諜報活動に大きな変化は見られず