Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

au通販サイト「iidaショッピング」で顧客情報漏洩が発生 - アクセス集中で不具合が発生

KDDIは、iidaのau携帯電話関連商品が購入できる通販サイト「iidaショッピング」において、利用者とは関係ない他人の個人情報が誤って表示される不具合が発生していたことを明らかにした。

6月30日11時から「INFOBAR A0」関連商品の販売を開始したところ、同サイトへアクセスが集中。システムにプログラムミスがあり、サーバへの負荷が高まったため不具合が発生したという。

同社によれば、個人情報が流出した可能性のある顧客は266人。また107人は他顧客の情報を閲覧できた可能性があるという。

閲覧可能となった個人情報には、氏名、住所、電話番号、購入商品、支払い方法などが含まれる。クレジットカード番号や有効期限などは含まれない。

顧客からの指摘を受け、同社では、同日12時44分にサービスを停止。プログラムを修正したうえで7月2日11時より注文受付を再開した。対象となる顧客には、書面で謝罪し、事情を説明するとしている。

(Security NEXT - 2011/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県
動画視聴の案内メールを誤送信 - NSCAジャパン
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
SNSサイト「ふどうさん女子」で一部会員情報が閲覧可能に
Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に